あさのか、はるもえぎ、やぶきた、いなぐち、日本の繊細さが感じられるシングルオリジンのお茶。品種ごとの香りや味わいの違いをお楽しみいただけます。

essence kyotoでは新しいお茶の楽しみ方として、シングルオリジンティーを提案しています。「シングルオリジン」という言葉は近年のコーヒーのサードウェーブの流れの中で広く知られるようになった言葉で、単一農園、単一品種で育てられたものを言います。コーヒーと言えばブレンドが当たり前だったものが、品種や農園ごとの味わいの違いを楽しむことができるようになったように、日本茶においてもブレンドされた煎茶だけでなく品種ごとに香りや味わいの違いがあるシングルオリジンのお茶を提案する茶舗も少しずつですが増えてきています。ワインのように、ウイスキーのように、品種や育った土地の個性を感じていただきたい。お茶を楽しむひとときに、山の茶畑で育つ茶木の一葉一葉が目に浮かぶような、そんなお茶を届けたいと思っています。

 

紅茶 やぶきた:大地を想わせる香り、軽やかで甘露な味わい。
緑茶 やぶきた:濃厚な香り、バランスのとれた味わいと美しい水色。
緑茶 あさのか:ほんのりと白檀を想わせる独特の香り、光沢があり針のような細よれの茶葉。
緑茶 いなぐち:霧香をもつ希少な品種、深い味わいの旨みと爽やかな渋み。
緑茶 はるもえぎ:青々しいすっきりとした香り、渋みが少なくほんのりとした甘み。

紅茶やぶきたの業務取引ご希望はこちら